出産内祝いのマナーは熟知しておくべし!困らせるという失敗を避ける

内祝いに定番のギフト

赤ちゃん

消え物が定番

出産内祝いはあくまで出産祝いに対する返礼の品物なので、感謝の気持ちが伝わると同時に相手に喜んでもらう品物選びを心がけましょう。通常出産内祝いの金額は、相手から贈られた出産祝いの三分の一から半分ほどの金額とするのが定番です。高価な方が喜ばれる印象もありますが、高価すぎると気を使わせたり、失礼と捉えられてしまう可能性もあるので注意してください。基本的には相手の年齢や、趣味嗜好などを考慮して選びます。特に出産内祝いとしては食品を贈るのが定番です。消え物なので後に残らず、保管などで相手に負担をかけない点が人気です。趣味嗜好に合わせて選びやすいのも、食品の利点です。中でも日持ちもして見た目も華やかな、洋菓子や和菓子の詰め合わせや、ジュースにお酒などは人を選ばないので定番となっています。また食品以外では、タオルや石鹸、入浴剤なども人気です。これらも普段使いの消耗品なので、相手からも喜ばれます。出産内祝いは出産後2カ月くらいまでに贈るのがマナーとされています。ただ核家族世帯が一般的な現代では、出産後は慌ただしくて出産内祝いを選んでいる暇が無い、というケースもあると思います。相手が親しい間柄の場合には、直接欲しいものの傾向を聞くのもいいですが、カタログギフトを贈るというのも一つの手です。現在では慶事弔事問わずお返しに利用されていますが、出産内祝いのギフトとしても定番になりつつあります。品物のチョイスを贈られた相手が行うので、不必要な品物を贈ってしまう不手際を避けることが出来ます。また予算に応じてグレードを選べるので、出産祝いの金額に合わせて贈りやすいのも利点です。

Copyright© 2018 出産内祝いのマナーは熟知しておくべし!困らせるという失敗を避ける All Rights Reserved.