出産内祝いのマナーは熟知しておくべし!困らせるという失敗を避ける

購入前のアドバイス

雛人形

両親とも相談して

女の子が生まれて初めて迎える桃の節句には、雛人形を購入して飾るのが古くからの習わしです。多くの場合その子にとって一生ものとなる買い物ですので、しっかり選んで後悔が無いようにしたいところです。そこで、これから雛人形を購入する人の参考のため、いくつか気をつけたい事を紹介します。まず購入する前に、誰がお金を出すのか確認しておきましょう。若い人にはなじみが無い情報かもしれませんが、雛人形は妻の両親が用意する、というしきたりが古くはありました。現在ではそれほど意識されませんが、地域や家庭によっては受け継がれています。また最近では夫婦のそれぞれの両親がお金を折半して、雛人形を用意するケースも見られます。自分たちでお金を出す事を決めているにしても、両家の両親と一度は話を通して相談しておくと良いでしょう。具体的に選ぶ際には、事前に置く場所と収納場所を想定してください。伝統的には段飾りが一般的な雛人形ですが、現実問題として昨今の住宅事情では、段飾りは置けない家庭が少なくありません。テンションが上がって自宅に合わないサイズの雛人形を買ってしまわないように、メーカーのサイズ表などを参考にシミュレーションしてください。カタログやネットショップで購入しようと思っている人もいるでしょうが、買うかどうかは別にして一度人形店などで実物を見てみる事をお勧めします。実際の雛人形が持つ迫力は、画面越しには伝わりづらいものです。想定していたものとは違った、理想の一品に出会えるかもしれません。もし悩んでしまったら、選択肢を狭めるために予算を決めてしまいましょう。高価な物もそれに見合うだけの高い品質があって、魅力的です。しかしいくら良いものでも、身の丈に合わない物を無理して購入するのはおすすめできません。予算を決めて落ち着いて選ぶことで、安くても質の良い人形と出会える確率も上がるでしょう。

Copyright© 2018 出産内祝いのマナーは熟知しておくべし!困らせるという失敗を避ける All Rights Reserved.