出産内祝いのマナーは熟知しておくべし!困らせるという失敗を避ける

雛人形

適した人形の選び方

雛人形には大きく分けて段飾りと平飾りという、二通りの形式があります。段飾りは階段状に雛人形を飾り、平飾りは男雛女雛の一対のみを飾ります。また細かな製造方法にも衣装の手縫いやミシン縫いなど、違いがあり、値段にも反映されます。選ぶ際には予算や飾る部屋の大きさなどを想定しておくと、選びやすくなります。

詳しく見る

ランドセル

プレゼント前にチェックを

ランドセルをプレゼントする時には、素材やデザイン、色をしっかりと子どもの好みの物を選択できるようにしましょう。事前に相談をして、好きな色や、手触りなど選べるように準備することも大切です。また、重さも重たすぎないものをチョイスするようにしてあげましょう。

詳しく見る

赤ちゃん

内祝いに定番のギフト

定番の出産内祝いは、食料品や日用品などの消え物のギフトです。後に残らず、家族で楽しめる物なので相手からも喜ばれます。中でも日持ちがして華やかな菓子や飲料の詰め合わせが定番です。またカタログギフトも定番で、忙しくて品物を選べないという場合などによく利用されます。

詳しく見る

出産祝い

知っておくべきマナー

出産内祝いは出産祝いのお返しや赤ちゃんの産まれた喜びをおすそ分けするという意味があります。贈る物は食べ物やタオルなどの消耗品がふさわしく、赤ちゃんの名前を入れた熨斗をつけるのが一般的です。名入れや写真の送付には注意が必要です。

詳しく見る

雛人形

購入前のアドバイス

初節句で雛人形を購入する前に、両家の両親を含めて誰がお金を出すのかについて、事前に話し合いをしておきましょう。またサイズについては自宅に合うスケールのものをあらかじめ想定しておいてください。決めにくければ、予算を先に決めてからそれに見合うものを探すようにすると、選択肢が減って選びやすいです。

詳しく見る

カタログを活用する

おむつケーキ

忙しい時にも活用できる

出産祝いをいただいた方へのお返しである出産内祝いは、相手にとって喜んでもらえる物を贈るのがマナーです。しかしよほど親しい人ならともかく、仕事上のおつきあい程度の関係であったり、普段顔を合わせない親戚であったりとなると、何を贈っていいのか悩みどころです。こんな場面でぜひ活用したいのが、出産内祝いのカタログギフトです。ギフト専門店の他大手百貨店などから出されているカタログギフトは、結婚祝いのお返しやお中元にお歳暮など、様々な場面で活用されており、何かの折に実際に利用された経験がある人は多いと思います。カタログギフトの利点は、贈られた相手が好きな品物を自分で選べるという事にあります。贈り物で悩んでしまうのは、結局相手の好みがわからないのが大きな理由です。食料品から生活用品、娯楽品まで様々な製品が掲載されているカタログギフトなら、相手がいらない出産内祝いを贈って困らせるという失敗を避けることが出来ます。また相手の好みは大体把握しているけれど具体的に品物を選んでいる時間が無い、という場合にもカタログギフトがお勧めです。複数の人から出産祝いを頂いた場合、それぞれの相手に合わせて一つ一つ出産内祝いを選ぶとなると、かなりの時間と労力がかかります。特に出産後は何かと忙しいものです。カタログギフトはバリエーションが豊富で、予算によるグレードはもちろんの事、掲載されている商品の数や特徴なども様々です。一般的な総合カタログ以外に、食品やお酒に特化したものや、雑貨やインテリアなどを集めたオシャレなものなどもあります。中にはレストランやエステのコースを体験できるギフトもあります。贈る相手の大まかな好みに合わせてカタログギフトをチョイスして贈れば、相手に自分の事を考えてくれている、という気持ちが伝わります。カタログギフトにありがちな無難な印象を払拭してくれる活用方法と言えます。

Copyright© 2018 出産内祝いのマナーは熟知しておくべし!困らせるという失敗を避ける All Rights Reserved.